米経済ニュースサマリー:シュワブ、J&J、インスティネットほか

米金融経済、企業動向に関する主な ニュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

--------------------------------------------------------------------- ◎チャールズ・シュワブの7-9月期:赤字400万ドル-リストラ費用響く

オンライン証券大手の米チャールズ・シュワブが15日発表した第3四半期 (7-9月)決算は、純損益が400万ドルの赤字(1株当たり収支とんとん) だった。人員整理や事業所閉鎖に伴い1億6000万ドルのリストラ費用を計上し たのが響いた。純収入は、手数料や投資顧問料の収入増加で、前年同期比3.4% 増の10億ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎J&Jの7-9月期:19%増益-医療用品の売り上げ増加で

世界4位の製薬会社、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が15 日発表した第3四半期(7-9月)決算は、純利益が18億ドル(1株当たり0.60 ドル)と、前年同期に比べ19%増加した。医療用品や関節炎治療薬レミケード の販売好調が支え、売上高は同13%増の91億ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎バンク・ワンの7-9月期:9.2%増益-手数料収入が増加

米銀6位のバンク・ワンが15日発表した第3四半期(7-9月)決算は、 純利益が8億2300万ドル(1株当たり0.70ドル)と、前年同期に比べ9.2%増 加した。クレジットカードや個人向け銀行業務の手数料収入の増加が貢献した。 総収入は同4.1%増の42億ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎ハーレー・ダビッドソンの7-9月期:48%増益-売り上げ増加で

オートバイ大手の米ハーレー・ダビッドソンが15日発表した第3四半期(7 -9月)決算は、売り上げ増加を支えに、純利益が1億6510万ドル(1株当た り0.54ドル)と前年同期に比べ48%増加した。売上高は同32%増の11億4000 万ドル。同社は一部車種の生産計画を上方修正した。

--------------------------------------------------------------------- ◎インスティネットの7-9月期:赤字5億2840万ドル-のれん代償却で

英ロイター・グループ傘下で電子証券取引ネットワーク(ECN)最大手 の米インスティネット・グループが15日発表した第3四半期(7-9月)決算 は、純損益が5億2840万ドル(1株当たり2.05ドル)の赤字だった。買収企 業ののれん代(営業権)を償却するため、5億5200万ドルの税引き前費用を計 上したのが響いた。総収入は前年同期比21%減の2億5430万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎ダウ平均、過去7番目の上昇幅

15日の米国株市場では、ダウ工業株平均が前日比378ドル28セント(4.8%) 高の8255ドル68セントと、史上7番目の上昇幅を記録した。過去最大の上昇 幅は2000年3月16日の499ドル19セント。

--------------------------------------------------------------------- ◎ダブルクリックの7-9月期:赤字縮小-コスト削減で

オンライン広告代理店最大手の米ダブルクリックが15日発表した第3四半 期(7-9月)決算は、純損益が6200万ドル(1株当たり0.46ドル)の赤字 と、前年同期に比べ赤字幅が拡大した。顧客企業の広告費用削減が響き、売上 高は同19%減の7460万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎ベスト・バイ:9-11月期は最大12%増益に-新設店舗などの販売が貢献

電子家電小売り米最大手のベスト・バイは15日に米証券取引委員会(SE C)に提出した資料で、第3四半期(9-11月)の売上高が前年同期に比べ10 -12%増加するとの見通しを明らかにした。新設店舗や買収した小売りチェー ン「フューチャー・ショップ」の売り上げが貢献する。

--------------------------------------------------------------------- ◎ユニシス、株価32%高-ほぼ3倍の増益決算を好感

企業向けコンピューター大手の米ユニシスは15日、株価が32%高と大幅に 上昇した。14日の取引終了後に発表した第3四半期(7-9月)決算がほぼ3 倍の増益になったのが好感された。終値は2.19ドル高の8.95ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎ファニーメイの7-9月期:19%減益-デリバティブの減損処理で

米最大の住宅抵当金融投資社である連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)が 15日発表した第3四期(7-9月)決算は、デリバティブ(金融派生商品) の減損処理が響き、純利益が9億9430万ドル(1株当たり0.98ドル)と前年 同期に比べ19%減少した。

--------------------------------------------------------------------- ◎アプライド・マイクロ・サーキッツ7-9月期:赤字縮小、売上高は27%減

通信機器向け半導体大手の米アプライド・マイクロ・サーキッツが15日発 表した第3四半期(7-9月)決算は、売り上げが減少したものの、買収関連 費用の減少が貢献し、純損失が7240万ドル(1株当たり0.24ドル)と前年同 期に比べ赤字幅が縮小した。売上高は同27%減の3020万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎フォード幹部:生産コストの削減計画は目標通り

世界2位の自動車メーカー、米フォード・モーターの北米部門グループ・ バイスプレジデント、パディラ氏は15日、2005年までに1台当たりの生産コス トを700ドル削減する同社の計画が、目標通りに進行していることを明らかに した。

--------------------------------------------------------------------- ◎リーマン:元ブローカーの横領めぐる訴訟2件で和解が成立

米4位の証券会社リーマン・ブラザーズ・ホールディングスは15日、元ブ ローカー、フランク・グルッタドーリア氏が顧客から合計4000万ドルの資金を 詐取した罪で有罪を認めた問題で、関連した2件の訴訟で和解が成立したこと を明らかにした。

--------------------------------------------------------------------- ◎ミラントの格付けをジャンク級に引き下げ-フィッチ

格付け会社フィッチは15日、米エネルギー大手ミラントの無担保優先債務 格付けを「BBB-」から、ジャンク(投資不適格)級となる「BB」に2段 階引き下げたと発表した。電力・天然ガス価格の低下や、エネルギー取引量の 減少、取引慣行に対する監督当局の調査を格下げ理由に挙げている。

--------------------------------------------------------------------- ◎損保株、大幅高-保険料引き上げ見通しを好感

15日の米国株市場では、アメリカン・インターナショナル・グループ(A IG)など損保各社の株価が軒並み上昇した。エース、XLキャピタル、パー トナーリーの首脳が、保険料引き上げの見通しを示したのが好感された。

---------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata、 --* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta

参考画面:

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE