米国株【個別銘柄】:ヤフー、エトナ、コーニング、ジュニパーほか

10日の主な銘柄は以下の通 り。

エトナ(AET):5.11ドル(16%)高の36.80ドル。健康保険大手エト ナは、医療費抑制や保険料値上げが奏功し、第3四半期(7-9月)利益は予想 を上回ったとする暫定集計を発表した。

ABNアムロ(ABN):ADR(普通株1株に相当)は1.28ドル(12%) 高の11.82ドル。オランダの銀行最大手ABNアムロは、ことしの利益は前年並 みの水準を確保する見通しであると発表した。

コーニング(GLW):11セント(8.9%)高の1.34ドルと続伸。通信用光 ファイバーケーブルのコーニングは、第3四半期(7-9月)売上高が予想の範 囲内に達したことを明らかにした。

ファースト・データ(FDC):3.26ドル(12%)高の29.86ドル。電子商 取引ソリューション大手ファースト・データの第3四半期(7-9月)利益は、 メキシコと中国、東欧でのウエスタン・ユニオン部門の事業拡大が奏功し、2倍 以上に増加した。

レックスマーク・インターナショナル(LXK):6.30ドル(14%)高の51.40 ドル。プリンターメーカーのレックスマーク・インターナショナルは、第3四半 期(7-9月)の1株利益が68セント以上になるとの暫定集計を発表した。調 査会社トムソン・ファースト・コールがまとめたアナリスト予想平均は64セン トだった。

ネットワーク・アソシエーツ(NET):2.16ドル(25%)高の10.76ドル。 コンピューターウィルス対策ソフトのネットワーク・アソシエーツの第3四半期 (7-9月)決算は、経費削減や資産売却、マカフィー・ドット・コムの買収完 了などが寄与し、黒字を確保した。同業のインターネット・セキュリティー・シ ステムズ(ISSX)もつれ高。

サンミナ・SCI(SANM):36セント(15%)安の2ドル。A.G.エ ドワーズ・アンド・サンズのアナリスト、ボーズ氏は、電子機器の受託製造を手 掛けるサンミナ・SCIの投資判断を「ホールド」から「売り」に引き下げた。

タルボッツ(TLB):5.95ドル(21%)安の22.90ドル。衣料品小売りの タルボッツは、10月の既存店売上高が減少するとの見通しを示すとともに、第 3四半期(8-10月)と第4四半期の利益はファースト・コールのアナリスト 予想平均を下回る見込みだと発表した。

ヤフー(YHOO):2.29ドル(23%)高の12.27ドル。インターネット検 索最大手ヤフーの第3四半期(7-9月)決算は、1株利益が5セントとなり、 ファースト・コールがまとめたアナリスト予想平均を1セント上回った。ヤフー は利益予想を上方修正した。

ジュニパー・ネットワークス(JNPR):ネットワーク機器大手ジュニパ ー・ネットワークスが10日の取引終了後に発表した第3四半期(7-9月)決 算は、一部費用を除いたベースで1株当たり2セントの損失となった。売上高は 1億5200万ドル。7月時点の会社側予想は、1株当たり2セントの損失、売上 高は1億5500万-1億6000万ドルだった。終値は58セント高の5.18ドル。

プリンストン Jonathan Makeほか、 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo、

升井 恵美 Megumi Masui、 --* (03) 3201-7499 kshugo@bloomberg.net    Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE