クレディ・スイス:ウィンタートウル資産の株式比率5%以下に圧縮へ

スイスの銀行2位クレディ・ス イス・グループのライアン最高財務責任者(CFO)は8日、傘下の保険部門 ウィンタートウルの資産に含まれる株式の比率を5%以下に引き下げる方針を 明らかにした。

同部門の資産に占める株式の割合は、6月末時点で12%、2001年末時点で は18%だった。ライアンCFOはロンドンでメリルリンチ主催の銀行業界の会 合に出席し、現在の比率は6%未満で、株式による「可能最大損失額は非常に 小さい」と述べるとともに、将来は同比率を5%以下にとどめる方針を表明し た。アナリストの見積もりによると、米国の保険会社の資産中株式比率は1.5% 程度と、欧州の保険会社に比べて低い。同CFOは、欧州の保険会社は「米国 モデルに移行する必要がある」と指摘した。

株価低迷によるウィンタートウルの損失は、クレディ・スイスの業績を押 し下げている。クレディ・スイスは6月以降、2日に明らかにした20億スイス・ フラン(約1700億円)を含め、37億スイス・フランをウィンタートウルに注入。 アナリストは、クレディ・スイスの第3四半期(7-9月)は、主にウィンタ ートウルの損失により、10億スイス・フランの赤字となると予想している。

大手格付け会社の米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は2日、 ウィンタートウル救済の負担を理由に、クレディ・スイスの格付けを引き下げ の方向で見直すと発表している。

ロンドン Sean Farrell、ほか 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita、 --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net Editor: Ozawa

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE