ダイハツ工が下落、2002年9月中間期の単独当期利益を下方修正で

ダイハツ工業が前週末比33円(7.80%) 安の390円。今中間期の単独業績を下方修正したことから収益悪化懸念が広が っているようだ。

ダイハツ工業は4日、2002年9月中間期の単独当期利益を従来予想の15 億円から前年同期比80%減となる10億円に下方修正した。国内の自動車販売 台数が落ち込んだことが主因。

売上高は前年同期比16%減の3500億円(従来予想は3650億円)、経常利 益は同83%減の15億円(同30億円)へとそれぞれ下方修正した。

明光ナショナル証券・投資情報部の中西文行部長は、「株式市場全体の地合 いが悪いなか、前週末に下方修正したことを(敏感に)きょうの市場で反応し ている」と指摘した。

東京 井上 徹二 Tetsuji Inoue

鈴木 偉知郎 Ichiro Suzuki --* (03)3201-7297 teinoue@bloomberg.net Editor:Hinoki

業種別ニュース

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE