ダイエー大幅続落:債権処理加速で影響との見方-実質上場来安値(2)

ダイエーの株価が連日で大幅に下落、 一時前日比で16%近く下落した。小泉改造内閣の発足、竹中経済財政・金融担 当相のもとでの不良債権処理加速が影響を与えるとの見方が広がっている。

ダイエー株は売り気配で始まり、一時前日比23円(15.65%)安の124円 まで下落した。2株を1株に併合していることで、昨年12月14日に付けた上 場来安値(69円、株式併合考慮後は138円)を実質的に更新したことになる。 午前10時28分現在では同20円(13.61%)安の127円と東証1部値下がり率 で2位となっている。売買高は341万5000株と同12位。

市場では、「竹中経済財政・金融担当相が銀行に公的資金を投入するとの発 言が不振企業への懸念を連想させた」(アイエヌジー証券の柳平孝アナリスト) との声が出ている。

東京 堤 紀子 Noriko Tsutsumi --* 03-3201-8950 ntsutsumi@bloomberg.net Editor:Ueno

参考画面: ダイエー 8263 JP <Equity>CN イトーヨーカ堂 8264 JP <Equity>CN イオン  8267 JP <Equity>CN 西友    8268 JP <Equity>CN ユニー    8270 JP <Equity>CN

経済指標に関するニュース:NI ECO、NI JNECO

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE