ダイエーが大幅下落、収益悪化を懸念-9月既存店が前年割れ(3)

ダイエーが大幅続落。9月の既存店売 上高が前年割れとなったことが明らかになり、収益悪化懸念が強まり経営再建 に不安が広がったようだ。

同社株は一時、前日比23円(13.22%)安の151円まで下落して3日連続 安。午前終値は同18円(10.34%)安の156円で、東証1部の値下がり率4位。 また、株価下落については不良債権処理問題を加速させると掲げている小泉純 一郎内閣の改造で「(ダイエーに対する)懸念が再度、浮上した」(HSBC証 券のバインダー敏子アナリスト)との声も出ていた。

ダイエーの9月既存店売上高は速報ベースで前年同月比7%減となった。 昨年9月末にプロ野球ダイエーホークスの「応援感謝セール」を行ったが、今 年はこのセールを10月に開催するため、「この分のボリュームが減った」(ダイ エーIR広報室・佐野充課長)。また、同業のイトーヨーカ堂や西友がプロ野球 の優勝関連セールを行ったことも売上高に影響したという。

三菱証券の三島拓哉シニアクレジットアナリストは「ダイエーホークスの 応援感謝セールの影響があったため昨年9月との単純比較が適切でないとして も、ダイエーの販売力や店舗収益力が経営再建を目指して順調に軌道に乗って きたという印象を受けるのは難しい」との見方を示した。

そのうえで、「ユニクロや家電量販店などとの競合に直面するようなカテゴ リーバリューセンター(自社開発製品PB売り場や専門店を設置した店舗展開) に注力しようとしたダイエーの戦略の有効性には従来から懐疑的であった」と している。

東京 堤 紀子 Noriko Tsutsumi

久保山 典枝 Norie Kuboyama --* 03-3201-8950 ntsutsumi@bloomberg.net Editor:Hinoki / Ueno

参考画面: ダイエー 8263 JP <Equity>CN イトーヨーカ堂 8264 JP <Equity>CN イオン  8267 JP <Equity>CN 西友    8268 JP <Equity>CN ユニー    8270 JP <Equity>CN

経済指標に関するニュース:NI ECO、NI JNECO

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE