米国株【個別銘柄】:IBM、ファニーメイ、デュポン、デル、エクソ

1日の主な銘柄は以下の通り。

エアロポスタル(ARO):8.90ドル(58%)安の6.50ドル。衣料品小売り のエアロポスタルは第3四半期(8-10月)の1株利益は最大で33セントとの 見通しを発表した。調査会社トムソン・ファースト・コールがまとめたアナリス トの予想平均は同50セント。同業他社もつれ安。アバークロンビー・アンド・フ ィッチ(ANF)は1.47ドル(7.5%)安の18.20ドル。

デュポン(DD):3.56ドル(9.9%)高の39.63ドル。米連邦取引委員会(F TC)は、化学大手のデュポンが計画しているケムファースト買収(買収価格4 億800万ドル=約500億円)を承認した。

エクソン・モービル(XOM):2.02ドル(6.3%)高の33.92ドル。石油会 社のエクソン・モービルは、ハリケーンによる一部作業員の避難は生産に影響し ないと発表した。

連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ:FNM):5.68ドル(9.5%)高の65.22ドル。 米最大の住宅抵当金融会社であるファニーメイは、利下げに備えた対応を9月に強化 したと発表。利益率が低下するとの投資家の懸念が後退した。同業の米連邦住宅金融 抵当金庫(フレディマック:FRE)は3.25ドル(5.8%)高の59.15ドル。

IBM(IBM):2.86ドル(4.9%)高の61.17ドル。コンピューター大手 のIBMは、薬品小売りの英ブーツから、コンピューターと通信を管理する11 億2000万ドル(約1400億円)相当の10年契約を獲得した。

デルコンピュータ(DELL):終値は1.13ドル(4.8%)高の24.64ドル。 バンク・オブ・アメリカ証券のアナリスト、ワゴンフェルド氏は、パソコンメー カー世界2位のデルコンピュータの投資判断を、「マーケット・パフォーム(市 場平均並み)から「バイ(買い推奨)」に引き上げた。同社は取引時間終了後に 第3四半期(8-10月)の売上高見通しを引き上げた。時間外取引では一時25.85 ドルまで上昇。

フォレスト・ラボラトリーズ(FRX):7.84ドル(9.6%)高の89.85ド ル。医薬品のフォレスト・ラボラトリーズが30日発表した第2四半期(7-9 月)の利益は事前予想を上回った。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ):2.14ドル(7.8%)高の29.58 ドル。地域電話大手ベライゾン・コミュニケーションズは、2002年通年の一部費 用を除いた1株利益は従来予想の3.05-3.09ドルを達成するとの見通しを示した。

プリンストン Jonathan Make、ほか 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita、

升井 恵美 Megumi Masui、 --* (03)3201-3380   mmasui1@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE