コンテンツにスキップする

ソフトバンクが小高い:米ヤフー株売却に関する懸念払しょくで

ソフトバンクの株価が反発。前日は米 ヤフー株売却に関してさまざまな憶測で下落したが、この日は売却がヤフー側 の自社株買いに応じたものということが分かり、買い安心感が広がった。

ソフトバンクの株価は一時、前日比43円(3.57%)高の1249円まで上昇。 その後は午前10時45分現在で同6円(0.50%)高の1212円と、小高く推移し ている。売買高は194万7100株と東証1部で21位。

東海東京証券の矢野正義・市場情報室長は、「ソフトバンクがヤフーとUT スターコムの株式を売却したことで、市場ではさまざまな憶測が出たが、ヤフ ーについては同社の自社株買いに応じた措置だったことが分かり、買い安心感 が広がった」との見方を示した。

また、「この日のヤフー株上昇は、売ったところの買い戻し的な面が強い」(石 川照久・泉証券商品部長)との声も聞かれた。

主な買い手口は、日興ソロモンスミスバーニー証券、UFJつばさ証券、 Eトレード証券、松井証券など。

東京 三浦 和美    Kazumi Miura --* (03)3201-8583 kmiura1@bloomberg.net Editor: Ozawa

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE