コンテンツにスキップする

米経済ニュースサマリー:ボーイング、メットライフ、サン、Kマート

米金融経済、企業動向に関する主な ニュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

--------------------------------------------------------------------- ◎米労働者:会計スキャンダル発覚後も会社への忠誠心強い-世論調査

米ギャラップが29日発表した世論調査結果で、自分の会社に対する米企業 の労働者の忠誠心が、最近の会計スキャンダルによって損なわれていない状況 が明らかになった。所属する会社や機関に「強い忠誠心」を持つと答えた人は 全体の86%と、昨年の同83%を3ポイント上回った。調査はフルタイム、パー トタイムで働く米国の成人584人を対象に実施した。

--------------------------------------------------------------------- ◎ダイナジーのエンロン買収計画破棄めぐる訴訟の和解案:破産裁判事が承認

米エネルギー大手のダイナジーが230億ドルで経営破たんした米エンロン を買収する計画を破棄したのは不当だとして、エンロンがダイナジーを相手取 り起こした訴訟の和解案が29日、連邦破産裁判所の判事により承認された。

--------------------------------------------------------------------- ◎フィリップスとコノコの合併計画:早ければ週内にFTCが承認へ-関係者

米石油大手フィリプス・ペトロリアムが同業の米コノコを245億ドル(約 2兆9000億円)で買収する計画が、米連邦取引委員会(FTC)により今週中 にも承認される見通しであることが、事情に詳しい複数の関係者の話で29日ま でに分かった。

--------------------------------------------------------------------- ◎税務当局:AOL、Eベイなどに脱税の疑いある顧客資料の提供を要請

米内国歳入庁(IRS)は29日、オフショア銀行口座を使った所得隠しで 脱税をした疑いのある企業について調査するため、AOLタイム・ワーナー、 Eベイ、アメリカン航空など40社以上に顧客資料の提出を要請したことを明ら かにした。

--------------------------------------------------------------------- ◎メットライフの人種差別訴訟:和解金支払い案を連邦地裁判事が暫定承認

米生保最大手メットライフは29日、一部の生保契約で黒人加入者に対し、 白人加入者より高い保険料を請求したとされた人種差別訴訟で、和解金として 2億5000万ドル(約300億円)を支払う案をマンハッタン連邦地裁判事が暫定 承認したことを明らかにした。

--------------------------------------------------------------------- ◎シティ、NYの本社ビルをボストン・プロパティーズに売却へ-1250億円

総合金融サービス最大手の米シティグループは29日、ニューヨーク市マン ハッタンの本社ビルを米不動産大手ボストン・プロパティーズに売却すること で合意したと発表した。売却額は10億6000万ドル(約1250億円)。

--------------------------------------------------------------------- ◎SIA、米証券業界のことしの利益見通しを下方修正-市況悪化など響く

米証券業者協会(SIA)は29日、ことしの米証券業界の利益見通しを下 方修正した。株式市況の悪化、個人投資家の消極姿勢、投資銀行業務の低迷な どが背景。ことし通期の利益は100億ドルと、前年の104億ドルに比べ4%減 少するとみている。昨年末時点では、116億ドルへの増加を見込んでいた。

--------------------------------------------------------------------- ◎サン:7-9月期の売上高は予想レンジの下限に-顧客のIT投資低迷で

サーバー大手の米サン・マイクロシステムズは29日、第1四半期(7-9 月)の売上高が前年同期に比べ横ばいにとどまるとの見通しを示した。顧客の IT(情報技術)投資の落ち込みに改善の兆しが見られないのが背景。先月発 表した予想レンジの下限付近。

--------------------------------------------------------------------- ◎クリスピー・クリームの5-7月期:50%増益、28%増収

ドーナツ店運営大手の米クリスピー・クリーム・ドーナツが29日発表した 第2四半期(5-7月)決算は、純利益が886億ドル(1株当たり0.15ドル) と前年同期に比べ50%増加した。売り上げ増加や新店舗の開店が貢献した。売 上高は同28%増の1億1460万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎Kマートの新学期セール:当初の予想より「弱い」-最高リストラ責任者

破産法の適用下で会社再建を進める米Kマートの再建責任者、ハッチンソ ン氏は29日、同社の新学期セールの販売状況が当初の予想に比べ「弱い」こと を明らかにした。

---------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata、 --* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta

参考画面:

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE