コンテンツにスキップする

米シティ:新規公開株割り当て問題で再度召喚の見通し-米議会

米下院銀行委員会のラファルス 議員(民主、ニューヨーク州)は29日、破たんした長距離通信大手ワールドコ ムの幹部への新規公開株割り当て問題で、金融サービス最大手の米シティグル ープに対し、向こう1カ月以内に2回目の召喚状を送る方針を明らかにした。

同議員によると、委員会はワールドコムの経営陣や取締役が新規公開株の 取得によって上げた利益の額に関心を持っており、創業者のエバース前最高経 営責任者(CEO)やサリバン前最高財務責任者(CFO)らとの取引に関す る情報を求める方針だ。株の購入と売却の時期、売却価格、買い手の名前など の情報を得たいとしている。シティが先の召喚状に答えて提出した文書では、 エバース氏が取得した新規公開株の株数などが既に明らかになっている。

ラファルス議員は声明で「投資銀行部門への関与によるアナリストの利益 相反の問題全般に加え、特に、担当企業の幹部への新規公開株の割り当てでア ナリストが演じる役割などが解明すべき問題だ」と説明した。

ワシントン Rob Urban、 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita、 --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE