コンテンツにスキップする

米経済ニュースサマリー:アスベスト訴訟、加ノーテル、炭疽菌騒動

米金融経済、企業動向に関する主な ニュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

--------------------------------------------------------------------- ◎アスベスト訴訟:ユニオン・カーバイドに責任なし-テキサス州裁が判決

アスベストの健康被害をめぐる訴訟で、テキサス州の裁判所は28日、化学 大手ダウ・ケミカル傘下のユニオン・カーバイドの油井労働者が肺疾病を患っ たことに対する同社の責任はないとの判決を下した。

--------------------------------------------------------------------- ◎加ノーテル、株価15%安-業績修正響く

北米2位の通信機器メーカー、カナダのノーテル・ネットワークスは28日、 株価が15%安と大幅に下落した。27日の取引終了後に、第3四半期(7-9月) の売上高が、米通信サービス会社による設備投資の減少を背景に、従来予想を 下回るとの見通しを示したのが嫌気された。

--------------------------------------------------------------------- ◎手紙の白い粉は炭疽菌ではない-前米副大統領スポークスマン

ゴア前米大統領のスポークスマンは28日、テネシー州ナッシュビルにある ゴア氏事務所に27日に届いた手紙から白い粉末が見つかった問題について、当 局の鑑定の結果、白い粉は炭疽(そ)菌ではなかったことが判明したことを明 らかにした。

--------------------------------------------------------------------- ◎トヨタ自動車:カナダ現法運営のネット通販サイトを当局が調査

トヨタ自動車は28日、カナダ現地法人が運営するインターネット通販サイ ト「アクセス・トヨタ」が、価格操作の疑いでカナダ政府当局の調査を受けて いることを明らかにした。

--------------------------------------------------------------------- ◎ダラー・ゼネラルの5-7月期:56%増益、19%増収

雑貨安売り大手の米ダラー・ゼネラルが28日発表した第2四半期(5-7 月)決算は、純利益が4240万ドル(1株当たり0.13ドル)と前年同期に比べ 56%増加した。商品ラインを拡充し集客努力を強化したのを背景に、売上高は 同19%増の14億5000万ドルだった。

--------------------------------------------------------------------- ◎インターネット通販:第4四半期の売上高は28%増の見込み-民間調査

調査会社コムスコア・ネットワークスが28日発表したところによると、こ とし第4四半期のインターネット通販(旅行サービス除く)の売上高は前年同 期比28%増の138億ドルになる見込み。

--------------------------------------------------------------------- ◎米フィリップ・モリス:10%増配-新会長にカミレリCEO

米フィリップ・モリスは28日、四半期配当を10%増額したことを明らかに した。配当利回りは5.19%となり、ダウ工業株平均の採用企業のなかで2番目 に高い水準となった。同社はまた、新会長にカミレリ最高経営責任者(CEO) が就任する人事を発表した。

--------------------------------------------------------------------- ◎オフィス・デポ:8-10月期は減収に-新学期セールが予想以下で

米オフィス用品小売り最大手のオフィス・デポは28日、8-10月期の北米 地域の売上高が前年同期の水準を下回る見通しであることを明らかにした。新 学期前の学習用品の売り上げが予想を下回っているのが背景。

---------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata、 --* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta

参考画面:

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE