コンテンツにスキップする

コロムビア:松村社長兼CEOが急逝-社長を空席、CEOは会長兼務

米投資会社リップルウッド・ホールデ ィングス傘下で経営再建中の日本コロムビアは20日、松村克己社長兼CEO(最 高経営責任者)が心不全で同日早朝に急逝したと発表した。社長職は当面は空 席としてCEOはストラウス・ゼルニック会長が兼務する。

●松村克己氏(まつむら・かつみ=日本コロムビア社長兼CEO)20日、心不 全のため死去、49歳。自宅は東京都世田谷区代沢5の26の12。通夜と告別式 は遺族の希望で密葬にする。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor : Ozawa

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE