コンビニ全店ベース売上高、初めてマイナスに転換-7月は1.7%減

順調に業績を拡大してきたコンビニエ ンスストア業界の売り上げが7月に初めてマイナス成長に転じた。国内店舗数 が飽和状態に達しているとの見方が出ているほか、デフレ経済下で顧客1人当 たりの買い上げ単価(客単価)が下落し続けていることが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。