コンテンツにスキップする

米ダイナジー、パイプライン子会社の売却完了-株価大幅高

エネルギー 大手の米ダイナジーが当面の経営破たんの危機を回避した。同社は16日、米パ イプライン子会社ノーザン・ナチュラル・ガスを、米投資会社バークシャー・ ハザウェイ傘下のミッドアメリカン・エナジー・ホールディングスに売却する 計画が、米連邦取引委員会(FTC)の承認を受けて完了したことを明らかに した。

売却額は、現金9億2800万ドルと債務肩代わり分9億5000万ドルの合計 18億8000万ドル(約2200億円)。フレドリック・E・ラッセル・インベストメ ント・マネジメントのファンドマネジャー、ダラーハイド氏は、売却額につい て「破格の安値だ。債務超過に陥った企業が通常の状況では考えられない決定 を下す様子を表している」と指摘した。

米国のエネルギー業界がエンロンの破たんや電力・天然ガス価格の低下に より大きな痛手を受けるなか、ダイナジーは、資金調達や債務圧縮のため、保 有資産の売却を加速。しかし5月には、不正なエネルギー取引や会計処理の疑 いで当局の調査を受け、当時の最高経営責任者(CEO)が辞任に追い込まれ るなど経営環境は厳しさを増している。

16日のダイナジーの株価終値は0.39ドル(30%)高の1.69ドルと8営業 日ぶりに上昇。発表後の時間外取引では、一時2.49ドルまで上昇する場面もあ った。史上最高値は2001年5月に記録した57.59ドル。

ロサンゼルス Daniel Taub ほか 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --*   (03) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Okimoto

参考画面:

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE