コンテンツにスキップする

米国株【個別銘柄】:AOL、ダイナジー、ターゲット、ブロケード

15日の主な銘柄は以下の通り。

アクイラ(ILA):2.55ドル(52%)安の2.40ドルと過去22年で最大の下落。 公益企業のアクイラは、信用格付け引き下げに伴うコストが、先週発表した水準を45% 上回ることを明らかにした。

ダイナジー(DYN):19セント(13%)安の1.30ドル。エネルギー大手ダ イナジーは、パイプライン部門のノーザン・ガス・トラストの売却が遅れたり、 20億ドル(約2300億円)の調達に失敗した場合には、破産法申請もあり得ると の見通しを明らかにした。

ターゲット(TGT):2.93ドル(9.1%)高の35.10ドル。ディスカウント小売り 大手のターゲットは、第2四半期(5-7月)決算が27%増益となり、アナリスト予 想を上回った。同業のウォルマート・ストアーズ(WMT)は2.09ドル(4%)高の

54.71ドル。

ビベンディ・ユニバーサル(V):ADR(普通株1株に相当)は86セント (7.4%)安の10.80ドルに続落。格付け会社各社は14日、仏メディア大手ビベ ンディ・ユニバーサルが9月末までに30億ユーロ(約3500億円)の融資を確保 できない場合、資金繰りがひっ迫するとの見通しを示した。

AOLタイム・ワーナー(AOL):81セント(7.3%)高の11.86ドル。メディ ア大手のAOLタイム・ワーナーは、売上高4900万ドル(約57億5000万円)を不適 切に計上していた可能性を認めたものの、誤りは一部投資家が懸念していたよりも小 さかった。同業のバイアコム(VIA/B)クラスB株も2.73ドル(7%)高の41.68 ドルに上昇。

BEAシステムズ(BEAS):36セント(6.3%)高の6.12ドル。ソフト ウエア会社のBEAシステムズは、ライバルのIBMに対しシェア(市場占有率) を失っていないことが、第2四半期(5-7月)決算から明らかになった。

クリア・チャンネル(CCU):3.91ドル(15%)高の30.54ドル。リーマ ン・ブラザーズのアナリスト、メイヤーズ氏は、米ラジオ局運営最大手クリア・ チャンネル・コミュニケーションズの2002年と2003年の利益見通しを上方修正 した。

エコスター・コミュニケーションズ(DISH):1.64ドル(11%)高の17ド ル。衛星テレビのエコスター・コミュニケーションズの第2四半期決算は1株利 益が7セントと、調査会社トムソン・ファースト・コールがまとめたアナリスト 予想平均の同6セントを上回った。加入者は29万5000人増、売上高は21%増だ った。

ノードストロム(JWN):2.18ドル(12%)高の20.62ドル。百貨店大手 のノードストロムは、第2四半期(5月-7月)が18%増益となったことに伴い、 通期の利益見通しを上方修正した。同業のシアーズ・ローバック(S)は3.13 ドル(7%)高の47.75ドル。

ブロケード・コミュニケーションズ・システムズ(BRCD):91セント高 (6%)高の15.96ドル。コンピューターシステム用高速スイッチ・メーカーの ブロケード・コミュニケーションズ・システムズは、第3四半期(5-7月)の 利益が50%超の増益となったと発表した。

プリンストン Nicole Ostrow、 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita、 --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Ozawa

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE