コンテンツにスキップする

米ディスカウント店のエームズが清算へ-327店閉鎖、2万人強解雇

会社 更生手続きを進めていた米ディスカウント店のエームズ・デパートメント・ス トアーズは14日、事業を清算すると発表した。これに伴い、327店を閉鎖し、 約2万1500人を解雇する

ただ、各店舗は在庫処分のため、約10週間は営業を続ける。マンハッタン の連邦破産裁判所のガーバー判事は15日に、清算の申し出を承認するかどうか を検討する。エームズは、営業を継続するより店舗を閉鎖した方が、債務を返 済しやすいと説明した。同社は昨年8月に米連邦破産法11条(会社更生法)の 適用を申請している。

米国では、ウォルマート・ストアーズ、ターゲットなど全国規模のディスク カウント・チェーンとの競争に敗れ、廃業するディスカウント店が相次いでお り、Kマートもことし破産申請した。エームズはニューヨーク、ペンシルベニ ア、マサチューセッツ、コネティカット州などで比較的小規模な都市や町を中 心に店舗を展開していた。

プリンストン  Shobhana Chandra 、 ボストン 山口 裕子 Yuko Yamaguchi 、 --* (617) 338-5819 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor: Kawai

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE