コンテンツにスキップする

豪ニューズ4-6月期:赤字、投資評価損膨らむ-通期で過去最大赤字

オーストラリアのメディア王ルパ ート・マードック氏率いる大手メディア企業ニューズ・コーポレーションは14 日、2002年度第4四半期(4-6月)決算の純損益が17億4000万ドルの赤字 となったことを明らかにした。赤字幅は通期で過去最大。米テレビ番組情報大 手ジェムスター・TVガイド・インターナショナル株の評価損が膨らんだこと が収支を悪化させた。

4-6月の純損失は1米国預託証券(ADR、1ADR=普通株4株に相 当)当たり1.40ドルで、前年同期の同26セントの赤字から赤字幅が拡大。評 価損などを除いた実質純損益は同8セントの黒字で、調査会社トムソン・ファ ースト・コールがまとめたアナリスト予想平均(同15セント)を下回った。売 上高は前年同期比11%増の38億3000万ドルと伸びた。通期では純損失が62億 7000万ドル(1ADR当たり5.09ドル)だった。

ニューズはジェムスター株42%の評価損として、通期で約58億ドルを計上 した。ジェムスターは特許をめぐる係争で相次いで敗れ、株価は年初来で87% 下落している。

2003年度については、営業利益(利払いと税金を除く)の伸び率が10%台 後半から20%台前半になるとの見通しを示した。

ニューヨーク Kim Chipman 、 、 ボストン 山口 裕子 Yuko Yamaguchi 、 --* (617) 338-5819 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Yamahiro

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE