コンテンツにスキップする

米ロウズ・シネプレックス:3億ドル相当のIPO計画を届け出

米3位の映画館チェーン、ロウ ズ・シネプレックス・エンターテインメントは6日、3億ドル(約360億円) 相当の新規株式公開(IPO)計画を米証券取引委員会(SEC)に届け出た。 投資会社オークツリー・キャピタル・マネジメントの持ち株を放出する。

SECへの届出書によると、ロウズと、オークツリーの関連会社は、クラ スA普通株を公開する。売却株数は未定。オークツリーの関連会社はロウズが 2001年2月に連邦破産法11条(会社更生法)適用を申請した後、更正手続きに よりことし3月に同社株40%を取得。残り60%はカナダの投資会社オネックス が取得している。

SECへの届出書とオネックスのニュースリリースによると、調達額は最 大3億ドルと見込まれている。ロウズは、調達した資金の一部を債務返済のほ か、劇場の建築、買収など事業拡大や運転資金に充てる。

引受会社はゴールドマン・サックスとソロモン・スミス・バーニー、クレ ディ・スイス・ファースト・ボストン、メリルリンチ。

ワシントン John Rega 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita、 --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net     Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE