コンテンツにスキップする

英アストラゼネカ:クレストールの米認可に遅れも-株価3.7%安

欧州2位の製薬会社、英アストラ ゼネカは6日、高脂血症治療薬「クレストール」に対する米当局の認可が遅れ る可能性があることを明らかにした。株価は3.7%安と大幅に下落した。

アストラゼネカのブラウン報道担当者によると、同社はクレストールのデ ータを来年1-3月期中に米食品医薬品局(FDA)に提出する計画。FDA はその後、半年以内に回答する見通しという。

マキロップ最高経営責任者(CEO)は、ジェネリック(後発医薬品)に シェアを奪われている主力のかいよう治療薬「プリロセック」の販売減少を補 うため、クレストールに大きな期待を寄せている。アナリストらによると、ク レストールの年間売上高は50億ドルに達する可能性があるという。

ロンバード・オディア・ダリア・ヘンシュのファンドマネジャー、クゲナ 氏は「クレストールは、マキロップCEOにとってことしの目標だったが、ど うやら達成できないようだ」と語った。

6日のアストラゼネカの株価終値は87ペンス(3.7%)安の2248ペンスと 続落した。年初からの下落率は27%と、ブルームバーグ欧州薬品株19種の下落 率(同21%)より大幅な下げになっている。

チューリヒ Kristin Jensen ほか 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --*   (03) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net     Editor:Kobari

参考画面:

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE