コンテンツにスキップする

米ダイナジーを元幹部が提訴-不正会計への加担拒否で不当解雇と主張

米エネルギ ー大手ダイナジーの会計担当のファーンズワース元上級副社長は2日、不当解 雇を理由に同社を提訴した。同氏の弁護士であるヒルダー氏が4日、明らかに した。

ファーンズワース氏がヒューストン州裁判所に提出した訴状によると、ダ イナジーのバーグストロム社長兼最高業務責任者(COO)は、英国での天然 ガス取引について不正な会計処理を行うように同氏に要請。同氏はこれを拒否 し、解雇されたという。同COOはファーンズワース氏に対し、同社の損失を 少なくみせかけるような会計操作を依頼したという。同社は、売上高を水増し するための「往復取引」などの会計手法をめぐり、米証券取引委員会(SEC) の調査を受けている。

ファーンズワース、バーグストロム両氏のコメントは得られていない。ダ イナジーの広報担当者スーザ氏は、同社がファーンズワース氏の訴えに対し「徹 底的に争う」と述べるにとどめた。

デトロイト Dan Hart、 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita、 --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE