東燃ゼネ:今中間期の純損益12億円の赤字に修正-為替差益が寄与

国内石油元売り大手の東燃ゼネラル石 油は31日、2002年6月中間期の連結純損失を従来予想の20億円から12億円に 修正すると発表した。同社は6月、原油などの未着品を後入れ先出し法に在庫 評価方法を変更したため、期初予想の175億円の黒字から一転、20億円の赤字 に下方修正した。

連結売上高は景気低迷に伴い子会社の販売が伸び悩み、従来予想の8900億 円から8704億円に改めて修正した。ただ、経常損失は為替差益が前回予想より も増えたことや、子会社の収益が増加したことで、同予想の60億円から40億 円に赤字幅が縮小した。

東燃ゼネラルの株価終値は前日比6円(0.9%)安の703円。

東京 浅野 文重 Fumishige Asano --* 03-3201-7137 fasano@Bloomberg.net  Editor:Abe

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE