中国政府:海外からの物流事業への投資に制限-来月26日に施行

中国政府は30日、海外投資家の物流 事業への参入を制限する新たな規則を設けると発表した。新規則は8月26日か ら施行。

新規則では、海外投資家は広東、江蘇、浙江の3省と北京、重慶、上海、 深セン、天津の5市に限り、中国企業との合弁会社設立が認められる。合弁会 社は最低500万ドルの登記資本金が必要で、海外投資家の出資比率は50%が上 限。事業内容は運送、倉庫、梱包、配送、情報処理となる方向で、合弁会社の 操業期間は最長20年。対外貿易経済合作部が声明で明らかにした。

ただ、こうした制限を設けることは、昨年12月の世界貿易機関(WTO) 加盟で拡大基調にある対中投資に水を差す可能性もある。

上海 Jianguo Jiang、 東京 山村 敬一 Keiichi Yamamura、 --* (03)3201-8656 kyamamura@bloomberg.net     Editor:Kobari

企業ニュース: