米国株【個別銘柄】:ダイナジー、コーニング、JDS、IBM、KLA

30日の主な銘柄は以下の通り。

エネルギー関連株:エネルギー大手ダイナジー(DYN)は、パイプライン部 門の売却計画発表により、支払い不能に陥るとの憶測が払しょくされようとの見方 を示した。電力大手のミラント(MIR)は、連邦破産法の適用を申請しないと言 明した。ダイナジーは54セント(45%)高の1.74ドル。ミラントは1.02ドル(35%) 高の3.96ドル。両社の発表を好感し、エネルギー関連株がつれ高となった。ウィ リアムズ(WMB)は42セント(21%)高の2.41ドル。カルパイン(CPN)は 61セント(15%)高の4.66ドル。

コーニング(GLW):68セント(22%)安の2.47ドル。米格付け会社のム ーディーズ・インベスターズ・サービスとスタンダード・アンド・プアーズ(S& P)は、通信用光ファイバーケーブル最大手のコーニングが優先株5億ドル(約 600億円)を発行すると発表したのを受け、同社の格付けをそろってジャンク(投 資不適格)級に引き下げた。

コンピューター・アソシエーツ・インターナショナル(CA):1.05ドル(12%) 高の9.75ドル。ソフト大手のコンピューター・アソシエーツ・インターナショナ ルは、ストックオプション(自社株購入権)を4月から経費として計上する方針を 明らかにした。

コンコードEFS(CEFT):4.12ドル(16%)安の22.15ドル。金融処理 サービスのコンコードEFSの第2四半期(4-6月)決算は、企業買収の影響で 経費が増加した。

JDSユニフェーズ(JDSU):38セント(18%)高の2.50ドル。モルガ ン・スタンレーのアナリスト、ジャクソン氏は、光ファイバー機器大手JDSユニ フェーズの投資判断を「オーバーウエート(平均以上)/コーシャス(慎重)」と、 従来の「イコールウエート(平均並み)/コーシャス」から引き上げた。

クエスト・コミュニケーションズ・インターナショナル(Q):20セント(13%) 安の1.29ドル。少なくとも11億6000万ドルの売上高不正計上を認めた通信サー ビスのクエスト・コミュニケーションズ・インターナショナルは、連邦破産法の適 用申請に追い込まれる可能性があると見方が投資家の間で広がった。

スプリント(FON):96セント(13%)高の8.26ドル。長距離電話のフプ リントは、15億ドルの新規銀行融資を確保したと発表した。携帯電話子会社のス プリントPCS(PCS)は61セント(17%)高の4.15ドル。

IBM(IBM):終値は61セント高の71.79ドル。コンピューター大手の米 IBMは、大手会計事務所の米プライスウォーターハウスクーパーズ(PwC)の 企業コンサルティング部門PwCコンサルティングを現金と株式交換を通じて35 億ドル(約4200億円)買収することで合意したと発表した。

KLAテンコア(KLAC):終値は1.43ドル高の40.34ドル。半導体検査装 置メーカーのKLAテンコアが30日の取引終了後に発表した第4四半期(4-6 ガツ)決算は、1株利益が23セントとなった。調査会社トムソン・ファースト・ コールがまとめたアナリスト予想平均は20セントだった。

エヌビディア(NVDA):終値は16.22ドル。時間外取引では一時11.35ド ルに下落。グラフィックス用半導体メーカーのエヌビディアは第2四半期(5-7 月)の売上高が4億1000万ドル-4億3000万ドルになるとの暫定集計を発表した。 ファースト・コールのアナリスト予想では、5億6790万ドルの売上高が見込まれ ていた。

プリンストン David Russell ロサンゼルス Edvard Pettersson 東京 守護 清恵    Kiyoe Shugo、 --* (03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net     Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE