米経済ニュースサマリー:タイコ、AT&Tワイヤレス、MGMほか

米金融経済、企業動向に関する主な ニュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

--------------------------------------------------------------------- ◎複合大手のタイコの4-6月期:実質赤字8410万ドル-のれん代償却で

複合大手の米タイコ・インターナショナルが23日発表した第3四半期(4 -6月)決算は、買収企業ののれん代を減損処理したのが響き、純損益が継続 事業からの実質ベースで8410万ドル(1株当たり4セント)の赤字だった。売 上高は前年同期比6.1%増の91億2000万ドル。同社はまた、来年の利益は一部 市場予想を下回る見通しであることを明らかにした。

--------------------------------------------------------------------- ◎金融サービスのCIT:4-6月期は赤字19億9千万ドル-評価損響く

複合大手の米タイコ・インターナショナルが今月売却した金融サービス会 社の米CITグループが23日発表した第3四半期(4-6月)決算は19億9000 万ドルの赤字。タイコの買収額とCITの純資産額の差額(のれん代)20億ド ルを償却したのが響いた。

--------------------------------------------------------------------- ◎KLAテンコア:7-9月期の受注は前期比横ばいに-株価5.4%安

半導体検査装置最大手の米KLAテンコアは23日、第1四半期(7-9月) の受注額は前期とほぼ変わらない水準になるとの見通しを発表。株価が5.4%安 と大幅に下落した。

--------------------------------------------------------------------- ◎AT&Tワイヤレスの4-6月期:91%減益-新規顧客の伸び悩みで

米3位の携帯電話サービス会社AT&Tワイヤレス・サービシズが23日発 表した第2四半期(4-6月)決算は、純利益が2400万ドル(1株当たり0.01 ドル)と、前年同期に比べ91%減少した。新規顧客の増加が予想を下回ったの が背景。売上高は同16%増の39億1000万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎グッドイヤーの4-6月期:3倍以上の増益-石油・ゴム価格の低下で

北米最大のタイヤメーカー、米グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバーが 23日発表した第2四半期(4-6月)決算は、純利益が2890万ドル(1株当た り0.18ドル)と前年同期に比べ3倍以上になった。原油や天然ゴム価格の低下 で原材料費が減少したことが利益に貢献した。売上高は同2.9%減の34億8000 万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎MGMの4-6月期:赤字幅拡大-新作映画の興行成績振るわず

有力資産家カーク・カーコリアン氏が経営する映画スタジオ大手、米メト ロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)が23日発表した第2四半期(4-6 月)決算は、純損失が1億2180万ドル(1株当たり0.48ドル)と、前年同期 に比べ赤字幅が拡大した。新作映画「Windtalkers」の興行成績が振るわなかっ たのが響いた。

--------------------------------------------------------------------- ◎ファルマシアの4-6月期:23%増益-睡眠薬の販売権売却で

製薬大手の米ファルマシアが23日発表した第2四半期(4-6月)決算は、 純利益が9億700万ドル(1株当たり0.69ドル)と、前年同期に比べ23%増加 した。売上高は同4.1%増の35億5000万ドル。睡眠薬「Ambien」の米国内販売 権を売却したのに伴い、提携相手のフランス企業から4億2400万ドルを受け取 ったのが利益に貢献した。同社は先週、同業最大手の米ファイザーに身売りす ることで合意している。

--------------------------------------------------------------------- ◎ラム・リサーチの4-6月期:3100万ドルの赤字、51%減収

半導体製造装置大手の米ラム・リサーチが23日発表した第4四半期(4- 6月)決算は、売り上げの減少が響き、純損益が3100万ドル(1株当たり0.24 ドル)の赤字。前年同期は5830万ドル(同0.44ドル)の黒字だった。売上高 は前年同期比51%減の1億8030万ドル。同社はまた、第1四半期(7-9月) の売上高が予想を下回る水準にとどまるとの見通しを示した。

--------------------------------------------------------------------- ◎エクスペディアの4-6月期:黒字-売り上げ見通しを上方修正

オンライン旅行代理店最大手の米エクスペディアが23日発表した第2四半 期(4-6月)決算は、純損益が前年同期の赤字から1910万ドル(1株当たり

0.23ドル)の黒字となった。売上高は同85%増の1億4490万ドル。同社はま た、ことし通期の売り上げ見通しを上方修正した。

--------------------------------------------------------------------- ◎ラジオシャックの4-6月期:26%増益-コスト削減などが貢献

米家電小売り3位のラジオシャックが23日発表した第2四半期(4-6月) 決算は、純利益が5180万ドル(1株当たり0.28ドル)と、前年同期に比べ26% 増加した。コスト削減や、利益率の高い商品の売り上げ増加が貢献した。

--------------------------------------------------------------------- ◎アフラックの4-6月期:39%増益-日米の販売好調で

生命保険大手の米アフラックが23日発表した第2四半期(4-6月)決算 は、純利益が2億1200万ドル(1株当たり0.4ドル)と前年同期に比べ39%増 加した。米国のほか、利益の3分の2以上を稼ぎ出す日本での販売増加が貢献 した。

--------------------------------------------------------------------- ◎NY証取の売買高、史上3位の24億4000万株

23日のニューヨーク証券取引所の売買高は24億4000万株と、過去3番目 の高水準に達した。売買高上位10位はすべて昨年とことしの記録。

--------------------------------------------------------------------- ◎メルク、自社株買い計画を最大100億ドル拡大へ-1セント増配

製薬大手の米メルクは23日、自社株買い計画の規模を最大100億ドル拡大 するとともに、四半期ごとの配当を1株当たり1セント増額すると発表した。 発表は同日の通常取引終了後だった。

--------------------------------------------------------------------- ◎モンサントの4-6月期:62%減益-主力除草剤の販売低迷などで

農薬大手の米モンサントが23日発表した第2四半期(4-6月)決算は、 純利益が1億4700万ドル(1株当たり0.56ドル)と、前年同期に比べ62%減 少した。主力除草剤「ラウンドアップ」の売り上げが減少したことや、アルゼ ンチンの顧客が代金支払い不能に陥ったことなどが響いた。売上高は同21%減 の15億8000万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎フィリップス・ペトロリアムの4-6月期:43%減益-商品市況の悪化で

米石油3位のフィリップス・ペトロリアムが23日発表した第2四半期(4 -6月)決算は、純利益が3億5100万ドル(1株当たり0.91ドル)と前年同 期に比べ43%減少した。石油・天然ガス価格の低下や生産減少が響いた。一方、 売上高は同2倍以上増加の116億ドル。

---------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata、 --* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta

参考画面:

企業別ニュース: