米経済ニュースサマリー:インスティネット、アルテラ、D&Bほか

米金融経済、企業動向に関する主な ニュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

--------------------------------------------------------------------- ◎インスティネットの4-6月期:赤字幅拡大-手数料収入が減少

英ロイター・グループ傘下の電子証券取引ネットワーク(ECN)大手、 米インスティネット・グループが22日発表した第2四半期(4-6月)決算は、 純損失が5990万ドル(1株当たり24セント)と、前年同期に比べ赤字幅が拡 大した。赤字は2期連続。売上高は同32%減の2億6870万ドルだった。取引手 数料収入の減少や、事業閉鎖の関連コストが利益を圧迫した。

--------------------------------------------------------------------- ◎NY証取の売買高:過去5番目の大商い

週明け22日のニューヨーク証券取引所の売買高は22億7000万株と、史上 5番目の高水準を記録した。史上最高はことし7月19日に記録した26億7000 万株。

--------------------------------------------------------------------- ◎アルテラの4-6月期:2170万ドルの黒字-コスト削減や在庫整理が貢献

プログラマブル論理回路(PLD)メーカー2位の米アルテラが22日発表 した第2四半期(4-6月)決算は、コスト削減や在庫削減が貢献し、純損益 が2170万ドル(1株当たり6セント)の黒字だった。前年同期は8920万ドル (同23セント)の赤字。売上高は前年同期比17%減の1億7890万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎D&Bの4-6月期:72%減益、リストラ費用響く-通期見通しは上方修正

企業情報サービス大手の米D&B(旧ダン・アンド・ブラッドストリート) が22日発表した第2四半期(4-6月)決算は、リストラ費用などのコスト計 上が響き、純利益が1020万ドル(1株当たり13セント)と前年同期に比べ72% 減少した。売上高は同4.8%減の3億520万ドル。一方、ことし通期の業績見通 しは上方修正した。

--------------------------------------------------------------------- ◎コナグラが牛肉リコール開始:精肉子会社スイフトは4億ドルの起債中止

米食品大手コナグラの精肉子会社スイフトは、コナグラが米史上2番目の 規模となる牛肉のリコール(無償の回収・交換)を自主的に開始したのを受け、 総額4億ドルの起債計画を中止した。引受幹事が投資家に配布した声明で22日 分かった。

--------------------------------------------------------------------- ◎シラス・ロジック、従業員の13%を解雇へ-売り上げ減少に対応

DVD(デジタル多用途ディスク)プレーヤーやMP3向け半導体で最大 手の米シラス・ロジックは22日、従業員の約13%に当たる155人を削減すると 発表した。売り上げの減少により、第1四半期(4-6月)の売上高が前年同 期に比べ50%以上減少したのに対応する。

--------------------------------------------------------------------- ◎ダイナジーの発行体格付けをジャンク級に引き下げ-S&P

大手格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は22日、利益 減少を理由に、米エネルギー大手のダイナジーの長期発行体格付けを「BBB -」から、ジャンク(投資不適格)級となる「BB」に2段階引き下げた。S &Pは追加的な格下げの可能性があるとしている。S&Pはまた、同社の金融 子会社ダイナジー・ホールディングスの無担保優先債務格付けを「BBB-」 から「B+」に4段階引き下げた。

--------------------------------------------------------------------- ◎コンバース・テクノロジー、従業員の21%削減へ-売り上げ伸び悩みで

留守番電話用ソフトウエア最大手の米コンバース・テクノロジーは22日、 売り上げが予想を下回ったことを理由に、従業員の約21%に当たる1200人を削 減する計画を明らかにした。昨年の削減数(1280人)を上回る規模。

--------------------------------------------------------------------- ◎Kマート:6月の純損益は1億3700万ドルの赤字-既存店売上高減少で

連邦破産法の適用下で会社再建を目指している米小売り大手、Kマートは 22日、既存店売上高の減少が響き、6月の純損益が1億3700万ドルの赤字にな ったことを明らかにした。

--------------------------------------------------------------------- ◎ハズブロの4-6月期:赤字幅拡大も売上高は9期ぶりに増加

米がん具メーカー2位のハズブロが22日発表した第2四半期(4-6月) 決算は、投資資産の評価損が響き、純損失が2590万ドルと赤字幅が拡大した。 一方、売上高は前年同期比6.9%増の5億4600万ドルと9四半期ぶりに増収と なった。

--------------------------------------------------------------------- ◎ウォルマート:7月の既存店売上高は予想通り

世界最大の小売業、米ウォルマート・ストアーズは22日、7月の既存店売 上高が、同社の予想の範囲内で推移していることを明らかにした。同社は、主 力店舗「ウォルマート」の7月の売上高は前年比5-7%増、会員制量販店「サ ムズ・クラブ」は同3-4%増をそれぞれ見込んでいる。

---------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata、 --* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta

参考画面:

企業別ニュース: