コンビニ6月売上高、既存店は1.5%減-12カ月連続でマイナス(2)

日本フランチャイズチェーン協会(藤 井林太郎会長=不二家社長)が22日発表した6月のコンビニエンスストア売上 高(協会会員14社)は、既存店売上高が前年同月比1.5%減と12カ月連続で前 年実績を下回った。

中旬、下旬に梅雨入り、低温や降雨の影響で売上高が伸び悩んだ。同協会 ではソフトドリンク、アイスクリームや冷やし麺といった商品が不調だったと 発表した。

6月にはサッカーワールドカップ(W杯)が全国各地で開催されていたが、 競技場周辺の店舗で売り上げが伸びたものの、全体として効果は小さかったと している。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno

高頭 大祐 Daisuke Takato --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor : Ueno

企業ニュース:JBN18