ソフトバンクは連日安値:信用取引で追い証、個人売却-98年初の水準

ソフトバンクの株価が連日で年初来 安値を更新。信用取引で買っていた個人投資家が手持ち株の価格下落により追 い証(委託保証金の追加差し入れ)を迫られるケースが出ており、売却を急い でいる。株価は前日に大幅安となり、この日も下げ止まらない。

ソフトバンクの株価は一時、前日比40円(2.71%)安の1435円まで下落 した。取引時間中としてのこの株価は98年2月3日(1427円)以来ほぼ4年5 カ月ぶりに低い水準になる。午前終値は同27円(1.83%)安の1448円。売買 代金は39億円と東証1部17位、売買高は269万200株と同20位。

市場ではソフトバンクの株価下落について「株主に個人投資家が多く、株 価下落で信用取引により買っていた投資家に追い証が発生している。また、追 い証の懸念がある投資家も早めに手持ち株を売却している」(小林治重・丸和証 券調査情報部長)とみている。

米国株高を受けて日本株が全般上昇するなか、売買高を伴って下落するソ フトバンク株は目立っている。ソフトバンク子会社で、株価を通じてソフトバ ンクの収益に大きな影響があるヤフーは、19日に4-6月期の決算を発表する 予定になっている。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor:Ushiroyama

企業ニュース:JBN18