トヨタ、日産自など自動車株が上昇、米株反発やフォード好決算で(2)

トヨタ自動車が7日ぶりに反発するな ど、自動車株が総じて上昇した。米国株の反発で買い安心感が広がっているよ うだ。米自動車2位のフォード・モーターが発表した2002年第2四半期(4- 6月)決算が好調だったことも材料視されているもよう。

午前の終値は日産自動車が前日比30円(3.76%)高の828円、トヨタ自動 車が同70円(2.39%)高の2995円、ホンダが同130円(2.70%)高の4950円、 三菱自動車が同12円(4.12%)高の303円、マツダは同5円(1.52%)高の333 円。

クレディスイスファーストボストン証券の遠藤功治アナリストは、「日本の 自動車株は米国株の動向により反応しやすい」と語り、前日の米国株式の上昇が この日の自動車株全体の上げにつながっていると指摘した。

トヨタが前日に年初来安値を更新するなど自動車株は全体に「割安な水準」 (ドイツ証券の吉田達生アナリスト)にあるところで、急速な円高進行が一巡 していることに加え、米ゼネラル・モーターズ(GM)やフォードが発表した 四半期決算が好調だったことも買い材料視されているようだ。

東京 鈴木 偉知郎 Ichiro Suzuki

井上 加恵 Kae Inoue

リンゼイ・ウィップ Lindsay Whipp --* (03)3201-8594 isuzuki@bloomberg.net Editor:Murotani

企業ニュース