日本株【個別銘柄】:ソニー、伊藤忠、日オラクル、ユーシン、いすゞ

17日(前場)の主な売買銘柄は次の通 り。

ソニー(6758):190円(3.2%)安の5610円と3日続落。米半導体大手の インテルが前日発表した決算がアナリストの予想平均を下回ったことで、収益 回復ペースが悪化するとの連想が働いた。為替相場の円高進行や米国経済の先 行き不透明感も影響し、株価は売買高を伴って下げて年初来安値に接近した。 売買代金は188億円と東証1部トップ。

伊藤忠商事(8001):6円(1.6%)安の369円と6日続落。下げ幅は小さ いが商いを伴っており、出来高は1332万株と東証1部2位。前日に新株の発行 価格が363円に決まり、これにさや寄せする形で下げている。ただし準大手証 券の市場情報担当者によれば、売りの主体は個人投資家や証券会社のディーラ ーとみられ、機関投資家の動きは少ないようだ。

日本オラクル(4716):230円(4.7%)安の4600円と東証上場来の安値を 更新、3日続落となった。前日発表した2002年5月期決算が、創業以来初の減 収減益となったことで、足元の業績の悪さが再確認され、外資系の機関投資家 からの売り注文が膨らんだ。

ユーシン(6985):41円(8.7%)安の427円と大幅安となり、3日続落。 下落率は東証1部4位。今期経常利益が期初計画を2割下回り前期実績から半 減する見通しとなり、業績悪化が警戒された。

いすゞ自動車(7202):1円(1.4%)高の71円と上昇。一時は4%超値上 がりする場面もみられた。5月に発売した新型車の販売が好調で、需要増に対 応するため、タイでのピックアップトラックの生産を今月下旬から1万台強へ と倍増すると一部で伝えられ、これを好感したと買いが入ったようだ。

日本マクドナルドホールディングス(2702):20円(0.7%)安の2850円と 3日続落。一部報道で、2002年6月中間期の単独経常利益が、会計基準の変更 を考慮すると、前年同期比で63%減少するもようだと伝えられた。年初来の既 存店売上高の不振からみて、大幅減益は必至と見込まれていたため、市場の反 応は薄い。

アデランス(8170):500円(14.5%)安の2940円とストップ安(制限値幅 いっぱいの下落)売り気配。差し引き64万株が売り越しとなっている。女性用 かつらの新規顧客向けの落ち込みが厳しく、2002年8月中間期の連結純利益が 従来予想を大幅に下回る見込みで、2月期通期見通しについても大幅に下方修 正したことから、業績悪化を嫌気した売りが膨らんだ。

ベルシステム24(9614):4000円(10.8%)安の3万2800円とストップ 安(制限値幅いっぱいの下落)売り気配。差し引き6万株が売り越しとなって いる。景気低迷の影響で製造業関連向けテレサービスの売り上げが減少し、2002 年5月期の決算が計画に届かなかったため、高成長を期待していた投資家の間 で今後の業績推移を見守りたいとの見方が出ている。

日本コーリン(6872):220円(4.3%)安の4880円と4日続落。同社製品 である下股上股血圧指数測定装置の特許取り消し問題で業績悪化が懸念される なか、動脈中の酸素や血圧などを計測する医療用検査装置「生体情報モニター BP-608EV」に不具合が発覚し、934台を自主回収すると16日に発表したことか ら、会社イメージの低下を懸念した売りが膨らんだ。

東京 白木 真紀 Maki Shiraki --* (03)3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net Edeitor:Ushiroyama

日本オラクル       4716 JP <Equity>CN