米上院が企業に対する規制強化法案可決、両院協議会へ-大統領は歓迎

米上院は15日、企業会計手法 の見直しと、投資家や従業員に対し不正を働いた企業幹部への刑事罰を盛り込 んだ法案を、満場一致で可決した。

米エネルギー卸売会社エンロンや米長距離通信大手ワールドコムの不正会 計発覚を受けて、民主党提出の法案に共和党が賛成した。法案は、会計倫理と 財務情報開示基準を設定し順守を求めるための独立監視機関の設置を定めてい る。

上院銀行委員会のサーベンス委員長(民主、メリーランド州)提出の同法 案は今後、共和党が主導権を握る下院のメンバーを含めた両院協議会に諮られ る。両院指導部は、審議を迅速に進める意向を示している。

投資家の信頼回復に向けて議会の協力を要請していたブッシュ米大統領は 「上院が、わたしが目指すところを同じ厳格な法案を可決したことに満足して いる」との声明を発表した。

ワシントン William Roberts、ほか 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita、 --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net     Editor:Kobari

企業別ニュース: