新日石が上昇:中国企業と重油輸出契約を締結、業績拡大に期待広がる

東京 7月10日(ブルームバーグ):新日本石油が7営業日ぶりに上昇。株 価は前日比7円(1.17%)高の603円で取引が始まった。同社が中国石油化工 集団(シノペック)と重油輸出契約を結ぶことが明らかになり、市場では業績 拡大への期待が広がっているようだ。

野村証券金融研究所の塩田英俊氏アナリストは「景気低迷の影響で電力向 けC重油の需要が大幅に落ち込んでおり、中国に輸出することでカバーができ るのではないか」とし、中国への輸出をポジティブにとらえている。

新日石はシノペックに8月から発電燃料向けのC重油を最大で日量約7500 バレル輸出する。同社の広報担当が10日、明らかにした。シノペックとの契約 期間は半年間だが、需要が高まれば契約の延長も見込めそうだ。

また、新日石は4月、中国連合石油(チャイナオイル)と1年間の長期輸 出契約を締結。6月から日量4500バレルの輸出を開始。スポットに対応するた め、日量8000バレルを商社経由で中国向けに重油を輸出する計画がある。

また、塩田アナリストは新日石の投資判断について「買い」としている。中 期経営計画に盛り込まれた経営合理化、石油開発事業の拡大などを評価すると 割安感があるためとしている。

東京 浅野 文重 Fumishige Asano --* 03-3201-7137 fasano@Bloomberg.net Editor:Abe

企業ニュース:JBN18, NI COS, NI KIGYO