ホンダや三菱自など自動車株が総じて上昇、前週末の米株式上昇受け

ホンダや三菱自など自動車株が総じて 上昇。前週末の米国株式市場の大幅高を受けているようだ。

ホンダが前週末比120円(2.40%)高の5120円、トヨタは同30円(0.97%) 高の3110円、日産自が同19円(2.29%)高の849円、三菱自動車工業は同6 円(1.80%)高の340円、マツダは同4円(1.14%)高の356円など。

東海東京証券・市場情報室の矢野正義室長は、「週末の米国株式の大幅高か ら、日本の株式市場でほぼ全面高の展開となっている。ハイテクやバイオなど を中心にいままでの下げ過ぎた反動もある」と、日経平均全体について説明。 そのうえで、「自動車セクターに関しても同じことが言えるが、今後の為替動向 に注意する必要がある」と指摘した。

5日の米国株式市場では、ダウ工業株30種平均など主要3指標はそろって 急伸。ダウ平均は昨年9月24日以来、最大の上昇率を記録した。

東京 井上 徹二 Tetsuji Inoue --* (03)3201-7297 teinoue@bloomberg.net Editor:Hinoki

業種別ニュース