米タイコ:金融子会社のIPOで46億ドル調達-予想下回る

米複合製造業タイコ・インタ ーナショナルは1日、金融子会社CITの新規株式公開(IPO)で46億ドル (約5500億円)を調達した。調達額は事前予想を下回り、また1年前にタイコ が同社を買収した際の価格(95億ドル)の約半分にとどまった。

タイコが売却したCIT株2億株の公募・売り出価し格は1株当たり23ド ルと、同社が2週間前に設定した仮条件の25-29ドルや、直前の投資家予想の 25ドルを下回った。

株式相場の低迷を受けてIPOを延期する企業があるなかで、270億ドルの 負債や株価低迷に悩むタイコは早急に資金を調達する道を選んだ。バンク・ワ ン・インベストメント・アドバイザーズのアナリスト、イーマンズ氏は「苦境 にある企業が売りを出せば取引に影響するのは当然」と指摘。「価格が低めにな ったのは驚くには当たらない」と語った。

タイコ株の1日終値は前週末比24セント(1.8%)高の13.75ドル。調達 額が予想を下回ったものの、IPOの成功で債務返済が可能になったとの安心 感から、時間外取引では一時14ドルまで上昇した。

ニューヨーク Emma Moody、 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita、 --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE