6月の登録車販売台数は、前年同月を下回る見通し-10カ月連続減

東京 7月1日(ブルームバーグ):6月の国内登録車(排気量660cc超)販 売台数は、国内の景気低迷からトラックや大型乗用車の需要が落ち込むため、 10カ月連続で前年実績を下回る見込みだ。日本自動車販売協会連合会(自販連) は1日午後2時に6月の登録車台数を発表する。

J.P.モルガン証券とドイツ証券の予想では、6月の自動車販売は前年同 月比10%減となる見通し。小型車は引き続き好調な販売となるものの、バスや トラックの販売は低調になる見通しだ。

日本国内では利益率のある大型乗用車よりも利益率の小さい小型車の需要 が伸びている。日本投信の森本喜也シニアファンドマネジャーは、「小型車に人 気が集まっている中で、消費者の需要に応えながら、いかにこのセグメントで 利益を稼ぎ出していくかが課題だ」と述べた。

東京 リンゼィ・ウィップ Lindsay Whipp

井上 徹二 TETSUJI INOUE

藤田 比呂子 Hiroko Fujita --* 03-3201-7297 teinoue@bloomberg.net Editor:Murotani

企業ニュース