アパルトヘイト訴訟:米IBM、ドイツ銀も被告の可能性-英ロイター

英ロイタ ー通信は23日、アパルトヘイト(人種隔離政策)を支持したとして複数の企業 が訴えられている裁判で、先週のスイス銀行大手UBS、クレディ・スイス・ グループ、米シティグループに加えて、米IBMやドイツ銀行が被告になる可 能性があると報じた。

暗殺された反アパルトヘイト活動家ビコ氏の遺族の弁護士、マドランガ氏 の話として伝えたもので、来週中に2社を相手に訴えを起こすよう、「ビコ家か らの指示があった」という。

先週は、複数のアパルトヘイト犠牲者の弁護士団が、ニューヨーク連邦地 裁に訴訟を提起。UBSなど3社に損害賠償金の支払いを求めている。原告側 の主張によると、3社は、南アフリカが国連の制裁を受けていた1985年から93 年に同国の旧政府との協力関係を続け、アパルトヘイトを長引かせた責任があ るという。

ヨハネスブルク Jonathan Rosenthal ほか 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --*   (03) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net     Editor:Kobari

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE