ジャパンケアが大幅反発、単月ベースの黒字化を好感-業績回復期待

高齢者や患者に訪問・在宅介護サービ スを提供するジャパンケアサービスが大幅反発。24時間・365日体制の介護サ ービスの利用者が増え、5月単月ベースの業績が昨年1月以来の黒字に転換し たことから、業績回復への期待が高まった。

株価は一時、前日比35円(10.9%)高の355円まで上昇。午前10時21分 現在、売買高は6万2000株と過去6カ月間の1日あたり平均の3.4倍に膨らん でいる。この日の株価上昇について、水戸証券投資情報部の岩崎利昭課長代理 は、「通期黒字化への第1歩として好感され、短期的な利益確保を狙う個人投資 家を中心に買われている」と指摘した。

同社は20日、2002年5月度の単独業績について、売上高が3億3080万円、 経常利益69万円と発表。5月24日に発表された2003年3月期通期の単独業績 予想では、売上高が前期比8%増の50億5000万円、経常利益は前期の8億5800 万円の赤字から1億200万円の黒字を見込む。介護サービスの利用者数は昨年 下期から毎月順調に増加しており、「5月も4000人程度に達する見込み」(同社 総務課の管理・IR室課長、滝谷誠氏)という。

東京 白木 真紀 Maki Shiraki --* (03)3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net  Editor:Ushiroyama

地域別ニュース: 株式ニュース

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE