ダイハツ工:新型軽スポーツカー「コペン」を発売、月間販売は約500台

ダイハツ工:新型軽スポーツカー「コペン」を発売、月間販売は約500台

東京 6月19日(ブルームバーグ):トヨタ自動車の子会社、ダイハツ工業 は19日、軽自動車の新型スポーツカー「コペン」の販売を開始すると発表した。 価格は149万8000円。

コペンは金属製の屋根が電動で自動開閉するオープン2シーター車で、車 内のボタン操作で屋根を開閉、オープン時にはトランクに収納する。ダイハツ によると、軽自動車では初めての電動開閉式という。

山田隆哉社長は都内で行われた会見で、「コペンは軽自動車の持つ経済性、 利便性に加え、軽自動車を持つ喜びを備えた車で、月間販売目標は500台ぐら いを予想している」と述べた。新宮威一会長は、「軽自動車ユーザーは高年齢化 してきたので、若年層の囲い込みたいを狙いたい」との考えを示した。

5月の販売台数減は小型車の影響受ける

ダイハツが5月に販売した登録車(排気量660cc超)は前年同月比52.7% 減の946台、軽自動車は同8.7%減の3万5167台と苦戦している。杉原弘三専 務はこの理由について、「ダイハツが得意としている(軽自動車での)中高価格 帯で、(いままで)支持を得ていたが、軽自動車全体の低価格化が進んできてい る」と話し、とくに5月は、「軽自動車のなかでの高い価格帯と競合する(登録 車の)『フィット』、『マーチ』、『イスト』といった小型車の販売が集中した」と、 販売台数の伸び悩みの要因を説明した。

そのうえで、店頭販売比率が高くなっている販売状況のなかで、「コペンの 話題性で、再度、販売拡大の機会にしていきたい」と抱負を語った。

トヨタとは各販売店の連携で進める

山田社長はトヨタとの販売協力について、「各地域では販売店どうしでトヨ タの販売店と協力を持って仕事を進めている」と、現状の販売体制を説明した。 今後の方針については、「いままで通り各販売店で連携した格好で進めていきた いと思っている」と述べた。現在、ダイハツはトヨタと各販売店を通じお互い に紹介販売をしている。

ダイハツの株価終値は、前日比9円(1.89%)安の468円。

東京 井上 徹二 Tetsuji Inoue --* (03) 3201-7297 teinoue@bloomberg.net EDITOR:MUROTANI

企業のニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE