自動車株が全面安、米国景気の先行き懸念-トヨタが連日の年初来安値

トヨタ自動車が連日で年初来安値を更 新するなど自動車株が全面安の展開となっている。日経平均株価の下落に加え、 米国景気の先行き不透明感から収益悪化懸念が広がっているようだ。

主要自動車株では、日産自が前週末比45円(5.04%)安の847円、トヨタ は同90円(2.84%) 安の3080円となっているほか、ホンダは同200円(3.75%) 安の5130円、マツダが同10円(2.99%) 安の325円、三菱自動車工業は同14 円(4.14%)安の324円。

大同ライフ投信・運用部の衣川明秀ファンドマネジャーは、不安定な米株 式市場を受けて米国景気の先行き不透明感から、「北米での(収益の)ウェート の高い日本の自動車株は投資家にとって買いにくい」と指摘している。

東京 鈴木 偉知郎 Ichiro Suzuki

リンゼィ・ウィップ Lindsay Whipp

--* (03)3201-8594 isuzuki@bloomberg.net Editor:Murotani

業種別ニュース 自動車 NI AUTO 自動車部品 NI AUP 運輸関係 NI TRN 個別株 NI KOBETSU

地域別ニュース 日本 NI JAPAN 米国 NI US ヨーロッパ NI EUROPE アジア NI ASIA

AKIHIDE KINUGAWA

##

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE