米自動車各社の利益減少も-ジョンソン・コントロールズのストで

アナリストによると、米自動車部品大手のジョンソン・コントロールズの4工 場でストが続いていることから、自動車大手の米ゼネラル・モーターズ(GM) やドイツのダイムラー・クライスラーが減産を強いられている。これが自動車 メーカーの利益を押し下げる可能性もあるという。

自動車労働者組合(UAW)の組合員によるストは12日に始まった。自動 車部品業界のコンサルタント会社、IRNによると、クライスラーは1日2600 台、GMは同1750台の減産に追い込まれている。クライスラーは13日、セン トルイスの1工場の生産を停止した。12日にはミズーリ州とオハイオ州の各1 工場を停止している。GMはオクラホマ州とルイジアナ州の2工場で生産を停 止している。

アナリストは、スト1日につきGMとクライスラーの1株利益を1セント ずつ押し下げるとみている。ジョンソン・コントロールの利益は、スト1週間 につき1株当たり2セント減少する可能性がある。アナリストはまた、各社と も6月30日が期末となるため、今四半期中に減産分を取り返すのは難しいだろ うと指摘している。

デトロイト Alison Fitzgerald、ほか 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita、 --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE