米経済ニュースサマリー:フィデリティ、シアーズ、GE、P&G

米金融経済、企業動向に関する主な ニュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

--------------------------------------------------------------------- ◎フィデリティ

米投信運用最大手のフィデリティ・インベストメンツが、債券投信「フィ デリティ・ウルトラ・ショート・ボンド・ファンド」を設定することが、同社 が米証券取引委員会(SEC)に提出した資料で12日までに分かった。同社の 投信運用資産は総額8170億ドル(約102兆7000億円)で、債券投信の占める 割合はその10分の1にも満たないが、債券投信の設定は過去2カ月で2本目と なる。

--------------------------------------------------------------------- ◎H&Rブロック

税務サービス最大手の米H&Rブロックが12日発表した第4四半期(2- 4月)決算は、純利益が4億6350万ドルと前年同期に比べ23%増加した。納税 申告業務の受注が増えたほか、住宅ローン債権も増加した。総収入は同12%増 の19億ドル。同社はまた、サリッゾニ会長が年内に退任する人事を発表した。

--------------------------------------------------------------------- ◎スパニッシュ・ブロードキャスティング

スペイン語ラジオ放送局を運営する米スパニッシュ・ブロードキャスティ ング・システム(SBS)は、同業の米クリア・チャンネル・コミュニケーシ ョンズとヒスパニック・ブロードキャスティングを相手取り、フロリダ州の連 邦地裁に反トラスト法(米独禁法)違反訴訟を12日までに起こした。

--------------------------------------------------------------------- ◎シアーズ、コストコ、ターゲット

米消費者情報誌「コンシューマー・リポーツ」が12日発表したアンケート 調査結果によると、商品の品質や便利さの項目で、百貨店のシアーズ・ローバ ック、会員制量販店のコストコ・ホールセール、ディスカウント店のターゲッ トの3社が高い評価を得た。

--------------------------------------------------------------------- ◎クローガー

米スーパー最大手のクローガーが12日発表した第1四半期(3-5月)決 算の暫定集計は、1株利益が市場予想平均の44セントを上回った。ことしの利 益見通しは10-12%増益に据え置かれた。最終集計の発表は25日。

--------------------------------------------------------------------- ◎デルタ航空

米デルタ航空のムリン最高経営責任者(CEO)は12日、同社の第2四半 期(4-6月)決算について、一時費用を除いた純損益は1億7000万ドルの赤 字になるとの見通しを示した。昨年9月11日の同時テロ後の運賃値下げや売り 上げ減少が響いた。

--------------------------------------------------------------------- ◎GE

米ゼネラル・エレクトリック(GE)傘下のノンバンク最大手、GEキャ ピタルは12日、欧州で社債30億ユーロの募集を開始したのを受け、社債相場 が下落した。トレーダーらによると、表面利率6%、償還2012年のGEキャピ タル債と米国債の利回り格差は前日比0.03ポイント拡大し1.08ポイント。

--------------------------------------------------------------------- ◎ベスレヘム・スチール

1906年にニューヨーク証券取引所に上場し、28年から97年まではダウ工 業株30種平均の採用銘柄だった米鉄鋼3位のベスレヘム・スチールは12日、 上場廃止となり、店頭市場での取引が開始した。

--------------------------------------------------------------------- ◎モンサント

遺伝子組み換え作物最大手の米モンサントは12日、来年にかけての利益見 通しを下方修正した。除草剤「ラウンドアップ」の販売鈍化や、アルゼンチン 農家の代金滞納が主な理由という。同社の株価は1.30ドル(4.8%)安の25.55 ドルと1年半ぶりの安値に下落した。

--------------------------------------------------------------------- ◎P&G

米日用品最大手のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は12日、洗 剤「タイド」と歯ブラシ「クレスト」の売り上げ増加やドル相場下落を理由に、 第4四半期(4-6月)の利益見通しを上方修正した。同社の売上高は米国外 が全体の約半分を占めている。

---------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata、 --* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net    Editor:Kakuta

参考画面:

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE