米SEC:タイコの金融子会社の新規公開を承認-ムーディーズ

米格付け会社ムーディーズ・ インベスターズ・サービスは12日、米証券取引委員会(SEC)が、米複合大 手タイコ・インターナショナルの金融子会社CITグループの新規株式公開(I PO)を承認したことを明らかにした。

IPOは50億ドル(約6300億円)規模になる見込み。来年2月にかけて 80億ドル以上の債務が返済期限を迎える同社にとって、IPOは極めて重要と なる。ムーディーズは同日、タイコの長期債務格付けを「Baa3」から、ジ ャンク(投資不適格)級となる「Ba2」に2段階引き下げた。

フィフス・サード・インベストメンツのアナリスト、デモス氏は「(タイコ は)CITを新規公開すれば、流動性の問題が若干改善する」と語った。

ムーディーズの発表後の時間外取引では、タイコの株価が2.05ドル(20%) 高の12.20ドルと大幅に上昇。通常取引の株価終値は0.90ドル(8.1%)安の

10.15ドルと2日続落だった。

ニューヨーク Emma Moody、 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata、 --*   (03) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta

参考画面: タイコ株の推移: {TYC US <Equity> GP} タイコ債の償還年度別残存高: {TYC US <Equity> GP}

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE