米タイコ:ベルニック法律顧問を解任-後任はグティン氏

米複合製造業タイコ・インターナショナルは10日、マーク・ベルニック法律顧 問を解任し、代わってアービング・グティン氏が同ポストに就任する人事を発 表した。グティン氏は1980年代に同社の法律顧問を務めていた。

解任の理由は明らかにしていない。ベルニック氏の弁護士、アーキン氏は、 解雇は「不公正かつ不合理であり、社の安定をさらに危うくするだけのものだ」 と指摘。ベルニック氏の解雇は、同社がコズロウスキー前会長兼最高経営責任 者(CEO)による資金流用疑惑を調査するために起用したボイズ氏との勢力 争いによるものだと強調した。

オークウッド・キャピタル・マネジメントで3億5000万ドル相当の運用に 携わるリヨン氏は「上級経営陣の一部に変動があるのは驚くには当たらない。 さらに動きがあるかもしれない」と指摘している。

ボストン Rachel Layne、 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita、 --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE