米RJレイノルズ訴訟:25億円の罰金支払いへ-未成年者向け広告で

米 カリフォルニア州当局が、未成年者を対象にしたたばこの広告掲載禁止に違反 したとして米たばこ2位のR.J.レイノルズ・タバコ・ホールディングスを 訴えていた裁判で、同州サンディエゴ郡の裁判所は6日、同社の違反を認め、 2000万ドル(約25億円)の罰金支払いを命じた。

R.J.レイノルズは1998年、カリフォルニア州を含む全米46州との間 で、十代の購読者がいる雑誌への広告掲載禁止に同意している。同社は大人の 購読者が75%以上の出版物にしか広告を載せていないと主張。これに対し、州 側は、未成年の購読者が15%未満の雑誌に制限しているフィリップ・モリスな どと比べて、競争上優位に立っていたと指摘していた。

プラガー判事は「R.J.レイノルズはフィリップ・モリスなどに市場シ ェアを奪われたことから、未成年者への露出が著しく増えたとしても、これ以 上シェアを失わないためには他社より積極的な宣伝を打たなければならないと 考えた」と指摘した。一方、同社は権利侵害だとして、上訴する方針を示した。

少なくとも4州の司法長官がカリフォルニア州の政策にかかわっており、 今回の判断によりほかの州も同様の訴訟を起こす可能性がある。

サンディエゴ Pham-Duy Nguyen 、 東京 山口 裕子 Yuko Yamaguchi --* (03) 3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net      Editor:Kobari

参考画面: R.J.レイノルズの株価指数 {RJR US <Equity> GP}

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE