NY連邦地検:米タイコのコズロウスキー前会長を脱税容疑で起訴

米ニューヨーク市マンハッタ ン地区連邦地検のモーゲンソー検事は4日、記者会見し、米複合製造業のタイ コ・インターナショナルのコズロウスキー前会長兼最高経営責任者(CEO) を、約100万ドル(約1億2400万円)の脱税容疑で起訴したことを明らかにし た。有罪と認められた場合、11件に上る各容疑について、4年の禁固刑となる 可能性がある。

連邦地検によると、コズロウスキー氏は、ニューヨーク市内の自宅アパー トに飾るための絵画6点(1320万ドル相当)を購入した際、同州の売上税支払 いを逃れるため、これらの絵画をいったんニューハンプシャー州にあるタイコ のオフィスなどに輸送した疑いが持たれている。購入代金は、タイコが美術商 に支払った後、コズロウスキー氏が会社に返却する手順を取ったという。

3日の米国株市場では、脱税捜査の表面化、コズロウスキー氏の引責辞任 発表を受けて、金融部門CITの売却、新規株式公開(IPO)計画に支障が 生じる可能性もあるとの懸念が広がったことから、タイコの株価が27%下落。 企業統治全般に関する投資家の不信感台頭につながったため、相場全体も急落 した。同社の株価は、4日は若干値を回復し、前日比0.72ドル(4.49%)高の

16.77ドルで取引を終了した。

ニューヨーク Chris Mumma, 河合美奈子 Minako Kawai 東京 山村 敬一 Keiichi Yamamura --*(212)318-2328 minkawai@bloomberg.net     Editor:Kobari

企業ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE