米SEC:グローバル・クロッシング幹部の株取引を調査へ-WSJ

3日付の 米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、米証券取引委員会(SEC) は会社更生手続きを進めている国際高速通信サービス会社、グローバル・クロ ッシングに対し、会計処理に加え、幹部の株取引についての調査も承認した。

事情に詳しい複数の関係者の話として伝えたもので、今後数カ月以内に株 売買の調査に着手する。SECは、昨年5月にウイニック会長が手掛けた株式 1億2350万ドル(約150億円)相当の売却に調査を絞り込むとみられる。この 取引は株価下落をヘッジする仕組みになってなっていたという。会長に近い関 係者によると、会長は株を売却した当時、財務内容の悪化を予想していなかっ たと同紙は伝えている。

グローバル・クロッシングの幹部は1999年から2001年11月末までに株式 13億ドル余りを売却。ウイニック会長は3回に分けて、総額7億3500万ドル強 を売っている。

ロサンゼルス Edvard Pettersson 、 東京  山口 裕子 Yuko Yamaguchi --*(03) 3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net     Editor:Kobari

参考画面: グローバル・クロッシングの株価と株価指数との比較{GBLX US <Equity> COMP D}

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE