アジア・グローバル・クロッシング:複数企業から出資案提示

経営破たんした米新興通信企業グロー バル・クロッシングの子会社アジア・グローバル・クロッシングは3日、複数 の企業から出資案の提示を受けたことを明らかにした。同社は事業存続のため に資金調達を目指しており、5月31日を期限に各社から出資案を募っていた。

スキャンロン副会長兼最高経営責任者(CEO)は声明で、複数の提案を 受けたことを明らかにするとともに、「現在、各提案を検討中だ」と述べた。広 報担当のスミス氏は、出資を提案した企業数と名称を明らかにしなかった。ま た、今回の提案が最終的な合意につながるかどうかは分からないとしている。

中国2位の固定電話会社、中国網絡通信集団(チャイナ・ネットコム・グ ループ)は5月28日、同社への出資案提示の意向を示していた。また、5月31 日付のアジア・ウォールストリート・ジャーナルは、香港の通信会社、パープ ル・コミュニケーションズも同社への出資を検討していると報じている。

香港 Kenneth Wong 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita、 --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net     Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE