コンテンツにスキップする

日本株【個別銘柄】:日テレコム、ホンダ、石川島、ソーテック、JT

3日の日本株市場で動きが注目される銘 柄は次の通り。

日本テレコム(9434):1日付の日経新聞によると、J-フォンが今年12 月に予定の第三世代携帯電話サービス開始当初から、海外に持ち出し利用可能 な電話機を全面導入する。欧米やアジアで主流の現行の第二世代規格との互換 機能を組み込むことで、業界で初めて国際共用サービスを実施し、日本国内で の第三世代機の普及を促すとしている。

ホンダ(7267):2日付の日経新聞によると、欧州の乗用車販売を立て直す。 年内に最大市場のドイツで二輪車も扱う複合型の系列販売店を、現在の30カ所 から100カ所に増やすほか、フランスでは現在半分の専売店比率を2003年末ま でに100%に引き上げる。

石川島播磨工業(7013)、伊藤忠商事(8001):1日付の日経新聞は、両社 がアルジェリアから発電と海水淡水化の複合プラントを受注したと伝えた。同 国初の大型造水施設で受注額は3億ドル。

ソニー(6758)、ソーテック(6829):両社がパソコン事業で提携すると2 日付の日経新聞が報じた。パソコンとデジタルカメラなどのデータを互換でき る記憶媒体の規格を統一するほか、一部ソフトの共通化も検討するという。

日本たばこ産業(JT)(2914):中国で農産物の生産・販売を手掛ける上 海上實現代農業開発有限公司(上海市)と食品生産販売の合弁会社を設立する と発表。上實農業が生産する野菜を日本向けの加工食品として現地生産する。

日本航空(9201):アメリカン航空のドナルド・J・カーティ会長は31日 午後、提携先の日本航空の兼子勲社長と30日夜に会談し、共同運航の拡大や中 国路線について、日航との提携を拡大する方向で検討することを明らかにした。

日本板硝子(5202):2002年3月期連結決算は、最終損益が23億円の赤字 (前の期は315億円の黒字)だった。光通信関連製品の需要の落ち込みなどが 響いた。2003年3月期は、ガラス・建材事業などが好調となるもようで、最終 損益は30億円の黒字を見込む。

三井鉱山(1501):2002年3月期連結決算によると、純損益は22億円の黒 字(01年3月期は14億円の赤字)だった。リストラが一巡し、黒字を回復した。 03年3月期の連結業績は、売上高が前期比7.8%減の2284億円、経常利益が同

2.4%減の85億円、純利益が同11.5%減の20億円と、4期ぶりの減収減益を見 込む。

東京急行電鉄(9005):2002年3月期の連結決算によると、東急観光や東急 建設の営業減益が響き、連結経常利益は前期比22.6%減の182億円だった。2003 年3月期は連結対象が拡大し、東急ストアや東急ロジスティックスなどが完全 連結となることから、連結経常利益は同約2.6倍の468億円で、過去最高とな る見通し。

ニツセキハウス工業(1917):2002年3月期決算は、01年10月-02年3月 の連結純損益が69億円の赤字(前年同期は28億円の黒字)に陥った。この結 果、期末で6億円を超える連結債務超過に陥り、ニツセキハは主要株主の壽工 業や主力銀行のみずほホールディングスに支援を要請した。02年3月期通期の 連結純損失は81億円の赤字。2003年3月期の連結純損益は18億円の赤字を予 想。

三菱重工業(7011):三菱電機(6503)からエアコンのOEM(相手先ブラ ンドによる生産)供給を受けることで交渉を進めているが分かった。対象機種 は、天井や壁などに埋め込むビルトインタイプのエアコン。三菱重工のルーム エアコンの売上高は2002年3月期で450億円。うちビルトイン型は約2%と規 模は小さいが、製品の品揃えを確保するためと経営資源を主力機種に集中する ため、OEM供給を受ける方が得策と判断した。

住友金属工業(5405):1日付の日経新聞は、住金が米GMグループに、車 体軽量化につながる高性能で強度の高い高張力鋼板を供給すると伝えた。

キョウデン(6881):1日付の日経新聞によると、支援契約を結んだ会社更 生法手続き中の長崎屋に30億円前後を出資する。

ファーストリテイリング(9983):1日付の毎日新聞によると、Fリテイリ がダイエーの衣料品店PASの類似問題で和解することで合意すると報じた。 Fリテイリは使用中止の仮処分申請を取り下げる。

東京 白木 真紀 Maki Shiraki --* (03)3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net Editor:Ushiroyama

住金 5405 JP <Equity>CN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE