米グローバル買収交渉打ち切り:背景にJPモルガンの助言か-報道

31日付の米紙ニューヨーク・ タイムズ早版は、香港の複合大手ハチソン・ワンポワとシンガポールの同シン ガポール・テクノロジー・テレメディア(STテレメディア)が国際高速通信 会社グローバル・クロッシングを共同で買収する交渉を打ち切った背景に、米 銀大手J.P.モルガン・チェースの助言があったと報じた。

グローバル・クロッシングの事情に詳しい複数の関係者の話として伝えた もので、J.P.モルガンは24日、両社に書簡を送付。「買収合意は本質的な 問題に対応していない」として買収計画を批判した。

JPモルガンは、グローバルに対し合計20億ドル(約2500億円)以上の 債権を持つ銀行団の主幹事。当初は両社がグローバルの株式79%を7億5000万 ドルで共同買収する計画を支持していたが、その後の審査で問題が発覚したた め反対に転じたという。

ロサンゼルス Edvard Pettersson 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --*   (03) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net  Editor : Tabuchi

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE