大阪府自民党、太田知事に銀行税改正案の修正を申し入れ―妥協探る(

大手金融機関に対する外形標準課税(銀 行税)の徴収を延期するための大阪府の銀行税条例改正案をめぐり、反対を表 明していた自民党府議団は29日、太田房江知事に対し、延期期間を1年と明示 した改正案に修正するよう申し入れた。府側がこれに同意すれば、自民党は30 日の本会議採決で改正案に賛成する方針だ。議員団総会終了後、北川イッセイ 幹事長が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。