米国株時間外取引:一段安、インテルなどハイテク株続落-先物軟調

28日の米株式市場時間外取 引では、景気回復の遅れを示す経済指標が嫌気され、下げ幅を拡大する銘柄が 目立つ。

半導体最大手インテルはニューヨーク時間午後4時(日本時間29日午前5 時)の通常取引終値に比べ17セント安の28.18ドル。売買高は320万株と時間 外で首位。メリルリンチのアナリストによる第2四半期(4-6月)の売上高 と利益予想の下方修正が悪材料。

ナスダック100種は通常取引終値に比べ4.35ポイント(0.4%)安の1240.47 ポイント。出来高上位10銘柄中、値下がりはシスコシステムズ、アプライド・ マテリアルズ、デルコンピュータなど6銘柄。売買高は約3600万株と、1週間 前の4800万株を下回った。

指数先物も安く、29日の米株式相場が続落する可能性を示唆している。ナ スダック100種指数先物(6月限)は8.5ポイント安の1244。S&P500種株 価指数先物(同)は1.40ポイント安の1075.2ポイント。

婦人服小売りのベベ・ストアーズはパロス社長兼最高業務責任者(COO) の辞任発表で株価は6.4%安の18.10ドルに急落。電子自動設計システムのメン ター・グラフィックスは1億5000万ドル相当の転換社債発行計画を発表したこ とから、7%安の16ドルまで売り込まれた。

サンフランシスコ  William Selway、 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo、 --*(03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net   Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE